インドのシリコンバレー

インドといっても広い!
バンガロールは南インド、標高920mに位置する高原都市です。
人口は約750万人(東京は1299万人)、
人口密度は8367人/㎢(東京は5937人/㎢)。
人口密度からいうと、東京よりも込み入っているようです。
が、住宅地はそれほど込み入った感じもしません。
この人口密度、多分バラックなどに住む超貧しい人たちも
入っているんでしょう。

ちなみにご存知でしょうが、インドの人口は軒並み上昇中。
しばらくすると中国を超すと言われています。

バンガロールは「インドの庭園都市」とか、
最近では米国やら世界中のIT企業が
こぞってこの土地にオフィスを設けたことから
「インドのシリコンバレー」とも言われています。
私が勤めた Yahoo! をはじめ、
Google、Microsoft、IBMや、新しいところでは
Zynga なども入っています。 

私も米国 Yahoo! で仕事していたときは、
週に数回バンガロールのオフィスの人間と
テレコンをしていました。
一度も会ったことがない人たちもたくさん。
それでも、私がバンガロールに行くことになったよー
と伝えると、すぐに返事が来て
是非会おうと言ってくれました。
うれしいねー。

先週は一人と会い、
インドの市場動向などの話で盛り上がりました。
昨日もまた一人と会い、
いろいろな情報をもらいました。
懐かしい Yahoo! の話はあまり出なく、
これからの話が多い点など、
インドが今一番おもしろい時期に
差し掛かっていることがよく分かります。

でも、この記事によると、どうやら IT 企業の
バンガロール離れが始まってもいるようです。
目まぐるしく変化を続けるインド。
そんな変動期を体感できるだけラッキーかも。

↓ ぽちっ、とお願いします (ブログランキング参加中)

コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

多くのインド人は苗字を持たない?