SMS/MMS 1日5通まで制限

ミャンマーにほど近いところに位置するインドの州のひとつ
アッサム州での民族抗争についてはすでにご存知と思いますが、
その影響が何とインドに住む全員にまで及んできたのでした。

18日に勧告された携帯電話の利用の規制です。
これによると来る15日間は、1人あたり一日に送れる SMS/MMS
は、な、何と、5つまで、と...。

事の始まりは1ヶ月以上前に起きたアッサム州での事件。
ボド族が地元イスラム教徒を襲った (これもその前にイスラム教徒
がボド族を襲った、という噂がきっかけだったとも言われていますが...)
ことをきっかけに、イスラム教徒が報復のためにボド族4名を殺害。
その後も暴動が続き死者が増え、その上にソーシャルネットワーク
や携帯メールや SMS 経由で、イスラム教徒による報復があるという
脅しの情報が流れ、大変な混乱を招いている、というわけです。

流れた情報はデマ、ということなのですが、実際にはバンガロールで
もイスラム教徒によるアッサム系の人たちへの暴力はあった、とのこと。
そんなこんなで、アッサム周辺の州からバンガロールに来ていた人たち
がこぞって列車でい~~~っきに帰省。
#The Hinduより転載

ちなみに、アッサム系の方々は、基本的に顔立ちがチベットや
ネパール系、つまりは彫りの深い典型的なインド人の顔立ちというよりも、
もう少し東洋系。アッサム州の周辺のマニプー州などの方たちも同じよ
うな顔立ちで、多くがサービス業に携わっていたため、今回の集団
帰省でバンガロールのサロンやレストランはパニック状態。

特にサロンでは、ヘアカットやペディキュアを予約しようとしても、
「今人がいないので、お受けできません」というお返事が返ってきます。
私が通っているお肉屋さんの警備員のお兄ちゃんもアッサム出身だった
らしく、先週後半から姿を消してしまいました。ちょっぴり淋しい....。

※ある報道では、8月15日独立記念日のあたりにバンガロールからの
特別列車で約6,500人ものアッサム周辺州の方たちが帰省。更には
週末に再び特別列車2台でカルナタカ州と南のタミルナードゥ州から
5,000人相当の人たちが去ったとか...すごい話です。

ちなみに、顔立ちという点では日本人の私たちも危なくはないのでしょう。
行くところには気をつけたほうがよいのかもしれません、ね。


↓ ぽちっ、とよろしくお願いしますm(..)m (ブログランキング参加中です)

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

自然のエナジードリンク! サトウキビ~