インドでタコ焼き

イドリー用の調理器を買ったときに、
一緒に買った Paniyarakkal Pan なるもの
(実はコレには長い経緯があるのでしたが、
ここでは割愛 ^^;)。

見た目のとおり、たこ焼きが作れそう!
という理由だけのために買ったわけでした (^^)。

というわけで作ってみました。
タコはとんでもなくお高いので、
ハム、ボイルドシュリンプ、チーズ、キャベツ、
スプリングオニオン、という具で挑戦。
紅しょうがはないので、しょうがを細かく切って投入。
うーーーん、ちょっと形は崩れましたが... ^^;
おまけに鰹節がほんとーに少ししか残っていなくて、、、
ちょいと寂しい状況でしたが、旦那には好評でした。

さて、この調理器ですが、パッケージには Paniyarakkal を
調理するためのモノらしいのですが、このお料理、
南インドでは Appo と呼ばれているらしいです。
あるいは別名を Gundu Ponglu とか Paddu とか。
# 写真は mahiti - Food Recipes より引用

朝食として食べたり、ティータイムのスナックとして
食べるのだそーです。
これまでは、朝食というとドーサとかイドリーに注目して
しまっていたせいか、メニューとして載っていたかも不明。
今度レストランに行ったら探してみようと思います。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

自然のエナジードリンク! サトウキビ~