ハンピの旅 ― その1

やっと、先々週末に意を決して (!?) ハンピに行って参りました。
ハンピは、バンガロールと同じカルナタカ州にある古都。
14世紀から16世紀にかけて繁栄したヴィジャヤナガル王朝の都でした。

そんなわけで、ここはヒンドゥー系の遺跡がいっぱい。
遺跡周りが大好きな私たち。友人たちが行く、というので、
この機会にと、愛猫 gG にもがんばってもらって行くことに
(はい、いつでも一緒にどこにでも行く gG でした...)。

ハンピまでは通常深夜列車で行くのがよい、とされています。
バンガロールを夜10時過ぎあたりに出て、ハンピからバスで30分ほどの
ホスペットというところまで行きます。到着は朝6時ほど。

ところが、この深夜列車、かなりの人気で、3週間以上前に
予約しようとしたところ、Wait List 状態。
列車の予約で Wait List ?? と驚いたのですが、
Wait List と覚悟してお金も払って予約するのが当たり前の
ようになっているようです。が、通常 Wait List はクリアされず、
席はゲットできない、とのこと。Wait List の意味なし。

その他の方法は、バス。これも深夜バスで、やはり夜10時過ぎに
出て、ホスペットに5時前に到着する、というもの。

列車は猫ちゃんの乗車を許しているのですが、バスはだめ。
ということで、列車のチケットが取れなかった友人たちはバスで、
そして、私たちは車で行くことにしました。


View Larger Map

朝6時に gG のリターボックスやらを車に詰め込み、いざ出発。
ひたすら運転すること7時間弱。ホスペットという町を通過する
のですが、ここが面白い!  子供たちは車の中の私を見ると、
手を振ってきます。カメラを向けると、はいチーズ!  かわいい。


滞在したのはハンピから南下すること10分ほどのカマラプール
という場所。何もございません。が、友人お薦めのリゾート
(Sloth Bear Resort) があり、そこに私たち5人とgGで滞在するこ
とにしました。リゾートは、施設はまあまあでしたが、サービス
がいまいち。インドの Residence Permit を持っていれば朝、昼、
晩のご飯もついて、インド人料金で泊まれるので、お得ですが...。


このリゾートのよいところは、ツアーが付いてくること。
ツアーについては次回の post にてご紹介します。




↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

自然のエナジードリンク! サトウキビ~