ヨーガでアンチエージング

さてさて、何故ヨーガがアンチエージングによいのでしょう (^^)

Bingライセンスフリー画像


それは...
  • 適度に筋肉を使わせてくれる
  • 適度なATPを作り出す(同時に発生する活性酸素の量は控えめ) 
  • ミトコンドリアが活性化する
  • より多くの酸素を体内に吸収
  • ヘモグロビンが活性化する
  • より多くの二酸化炭素を体外に排出

人間、もりもりの筋肉は必要ないと思いますが、
インナーマッスル(深層筋)の強化と、それを保護するある程度の
アウターマッスル(表層筋)の強化は常に意識しておく必要がある、と思います。

ヨーガでは、あらゆる部分の筋肉に意識を注ぎ、1分ほどかけて
ゆっくりと伸縮 させます。
このゆっくりとした筋肉の使われ方が、ミトコンドリアを活性化し、
酸素分子を使ってグルコースと脂肪酸からATP(アデノシン三リン酸)と
いうエネルギー源を作り出します。

アンチエージングにもってこい!


さらに...

ご存じのように血液中には赤血球がたくさんぷかぷか浮いていて
(Khan Academy のビデオによると、人間には平均20~30兆の赤血球
が存在するのだそうです)、その中にはタンパク質のヘモグロビンが含ま
れています。

Bingライセンスフリー画像

ひとつの赤血球に約2億7千個ほどのヘモグロビンが存在する、とのこと。
このヘモグロビンが肺から酸素を血管に取り入れ、赤血球に包まれて
心臓経由で身体全体に酸素を送り込んでいます。

つまり、ヨーガの適度な筋肉の伸縮は、ATPを作り出す際に赤血球内
の酸素と二酸化炭素の交換を促します。
そして、5リットルの血液が20秒をかけて心臓から出て戻るまでに、
より多くの酸素を体内に取り込み、多くの二酸化炭素を肺で排出してく
れるわけです。

そう、サラサラ血液を作る手助けをします!


まあ、、、

アンチエージングのためにヨーガをやっているわけではないですが、
年齢の割には (!) 体力がある、とか、
年齢の割には (!) 肌がきれい、とか、
人によっては10歳ほど若く見てくれてたり、、、(^^; うっそでしょー
まあ、でも、褒められて、うれしくないことはありません (^^)。

ヨーガで中から外からキレイで健康な身体作りをしましょう \(^^)/



バンガロールにお住まいの方は、是非 Bodily Mind のヨーガ
試しにいらしてください (^^)/




よろしければポチっとお願いいたします↙
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

多くのインド人は苗字を持たない?