ちょっくら旅行:アンコール遺跡 (その5: シェムリアップで日本食)

観光1日目はこれで精いっぱい。
途中あまりイケてないカンボジアランチを食べ、ホテルに戻ったのは午後2時半頃。

ナイキの運動靴をはいていたのに、湿気と歩きすぎ(?)で靴下が足の爪に
ぴったりくっついてしまって剥がすのに苦労する、という初体験。

しばらくベッドでしっかりお昼寝してからコンプリメンタリーの60分マッサージを受けに。マッサージはちょっといまいちでしたが、足の疲れは取れました。

夕食は ”美味しい” 日本食を食べに行こう!ということに。
わざわざカンボジアに来てまで日本食とは、と思う方もいるでしょう。
でも、インドではなかなか食べれないから仕方ないんです (笑)。

ネットで調べて「箸」がよさげ、ということで行ってみました。
人口たったの19万人という小さなこの観光地にこんなすばらしい日本食レストランがあるとは!!! 
850万人の人口を持つバンガロールよりすばらしいのには本当にびっくり。

偽物だけど桜の隣に座らせていただき、ひとまず日本の雰囲気をちょっぴり味わう主人。

アメリカのときによく食べていた創作刺身などもあって感激♡
一番気に入ったのは、炙り鮭トロ握り、感激の涙。


そして何といっても主人が一番喜んだのが、これ↓ (笑)
中国からの輸入ものかな。


バンガロールでは日本酒がとっても貴重。
酒屋さんには当然売っていませんが、レストランでも滅多に飲めません。
飲めたとしても、安くても 150ml で Rs. 900 (約1,500円ほど)、高いところだと 750ml がだいたい Rs. 8,000 (約13,000円ほど)します。バカらしいでしょ(笑)。
日本酒大好きな主人にはとっても住みにくいバンガロールなのでした。

ちなみにこの八海山は確か USD 45 とかぐらいだったと思います。
安い!!!!

たくさん歩いて、マッサージでくつろぎ、たくさん美味しいものを食べた2日目でした。





 よろしければポチっとお願いいたします↙

コメント

人気の投稿