日本の感覚で接してはいけない側のインド

皆さんのインドのイメージはどんなものでしょうか。
ベジタリアン、温厚、おおらか、カラフル、牛さん、やさしい、etc etc

でも、日本人の感覚では理解できないことがいっぱいあるのもインド。

新聞にもかなり取り上げられ始めているのがレイプ、誘拐、リンチ。
最近大きく取り上げられたのがアッサムで起きてしまったリンチ事件。
ある子供の誘拐犯が乗る車が某ソーシャルメディアで流され、たまたまそれに似た車に乗っていた二人がリンチにあって殺されてしまった、という事件です。
正義の味方となった市民がリンチで無実潔白な人間を殺してしまった、という何とも悲しい事件です。

GloPro から転載させていただきました

バンガロールでも同じ事件は起きています。
仕事を探しに北の州から来た20代の男性が、たまたま近くにいた子供にお菓子を配ったところ、なぜか (??) 誘拐犯と誤解されたとかのわけのわからない理由で、電柱に縛り付けられクリケットのバットでめちゃくちゃ殴られたあげくに引きずられて橋の上で見せびらかしにされ殺されてしまった、という事件です。

どうしてそんな残虐な暴力を根拠もなく振るえるのか、、、。
こんなことがそこいらで起こっている。
私の理解をとっくに超えています。

レイプもそうです。
私の住む家の近くでもレイプ未遂事件が最近ありました。
深夜2時にデートを終えて帰宅しようとした男女のカップル。
レストランを出てバイクを走らせたとたん、後ろから数台のバイクが追ってきて女性の髪をひっぱる。怒った男性はバイクから降りる。女性も降りる。
降りたらおしまい。
バイクに乗ったさらなる悪党たちがカップルを取り囲み、近くの広場に連れて行く。
男性は頭を殴られ、女性はレイプの標的になった、というわけです。

大声で叫ぶ力があった女性はあっぱれ。
ちょうどそのとき広場近くを通りかかった男性がかけつけ、レイプを免れました。
ラッキーというのはこのこと。勇敢な男性にも拍手。

つまり、髪を引っ張ったのは単なるきっかけ作りに過ぎないのでした。
バイクだけでなく、車でもこのようなことは起こるようです。

なので、インドにいらっしゃる皆様。
どうぞ、深夜の外出は気をつけてください。
特に歩くのはご法度です。
そして、車でも何らかのいちゃもんをつけられたときは車から降りずにその場を去りましょう。あるいは警察に連絡を入れましょう。

明るく愉快なインドがある一方、こんなに暗く恐ろしいインドもあります。
楽しむところは楽しみ、警戒するところは警戒する。
私たちはあくまでも外国人なのです。日本の感覚ですべてに接しないことが重要だと、私は思います。



 よろしければポチっとお願いいたします↙






コメント

人気の投稿