インドの電気・水道・ガス

この家に引っ越してきて、
早いものでそろそろ2ヶ月が経とうとしています。
数週間前の話ですが、
郵便受けに電気使用明細と請求書が一緒になった
一枚の紙っぺらを発見。
どうやら、ここインドでも、
1ヶ月に一度検針の方がやってきて、
使用量を調べてその場で請求書を切っていくようです。
気づいたらもう1枚古い請求書も発見。
水道の請求書でした。
あらー、とっくに期限過ぎてます。

あわてて大家さんに相談メール。
インターネットで銀行から直接支払いができるもの
ばかりだと考えていた私。
大きな間違いでした。

インドでは、皆、
ある特定の場所まで請求書を持参して、
その場で支払わなくてはいけないのだそうです。
この近くに最近便利な支払い所ができた、ということで、
バブー君に早速連れていってもらい、
払ってきました!
こんな風に小さなカウンターに古いパソコンを前に
人が座っていて、次々に請求書を処理していくのでした。

1ヶ月の電気料は 6,000 円あまり。
この家は 260 平米ほどの大きさなので、安い!
水道料金は、何と 600 円!
何かの間違いではないかと思ったほど。
アメリカの料金と比べると断然安いです。

さて、ガスは、というと、
このあたりはガス管が張り巡らされているわけではなく、
各家にそれぞれガスボンベを設置して
まかなっています。

このガスボンベですが、
予備用に必ず1本を保管しておくため、
常時2本を置いておくことになります。
で、1本が空になったら、
ガスボンベを供給してくれるオフィス (こんな感じ↓) に出向き、
新しいものを注文。

人から聞いた話では、
注文すれば、空のものと引き換えに
新しいものを届けてくれる、ということなのですが、
何度連絡しても届けてくれる気配なし。
バブー君と数回訪れ、
結局はバブー君が空のボンベを持って行き、
新しいものと交換してきてくれました。
重かっただろうな。。。

で、ちょっと調べたらこの Indane という会社、
結構大きな会社みたいで、サイトもしっかりしてます。
何とオンライン注文もできるよう。
うーーーん、知らなかった。
これからはオンラインで注文させていただきます。

ちなみに、このボンベ1本約 1000 円ほど。
入居してから1ヵ月半はもったので、
お安いものです。

コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

自然のエナジードリンク! サトウキビ~