インドで全国規模のストライキ

巷は今週ガネーシュのお祭りで、
何となく休日気分。
水曜に始まったこのお祭り、
木曜は全国規模のストライキ
(Bandh: ヒンディ語で "closed" を意味
するらしい) で、お店も何もかも閉まって
しまったため、ほとんどの人が自宅待機。

というわけで、更に休日気分たっぷりに。
宅も、ドライバーさんとメイドさん2人とも
2日連続のお休みでした。

ガネーシュについては、昨年たっぷり書いたので割愛しますが、ストライキについて少々書いてみます。

このストライキ、いくつかの理由があって全国規模で行われた
のですが、意味があったのかどうか...。当日は大手チェーン店から
道端の小さなお店までこぞって CLOSED! 街はゴーストタウンと
化しました。

いくつかの理由があったのですが、ひとつはディーゼル燃料の12%にも
及ぶ値上げに対する抗議。これは、今年5月に大幅値上げが行われ
たガソリンに相次ぐもので、反発は大きい。

2つ目はプロパンガスの配給制限 (というか、1年に通常価格で配給
するガスボンベの本数を制限した、という感じです) に対する抗議。
私などは朝はフルーツとヨーグルトだし、昼は残り物を電子レンジでチン
するだけだし、夕食ぐらいしかガスは使用しないので、1本のガスボンベ
で軽く3~4ヶ月は暮らせるのですが、インド人の友人いわく1ヶ月に1本の
割合で消費しているのだそーです。となると、この制限の痛手は大きい!

そして3つ目が、FDI (Foreign Direct Investment) = 直接投資に関連する
政策で、Walmart など海外の大手小売企業のインド市場参入を認めるもの
に対する抗議。

というわけで、交通網も含めすべてが麻痺した9月20日でしたが、
その後政策などには何の変化もございません.....。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

多くのインド人は苗字を持たない?