投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

ダールでヘルシーインド料理

イメージ
アーユルヴェーダの料理教室で習ったレシピに
友人から聞いたレシピを組み合わせて
ダール料理に挑戦してみました。


用意するもの:
圧力鍋 (インド料理には必須アイテムです)
テンパリング用の小さな鍋

[以下2人前ほどの分量です]
乾燥ダール (ホールよりはスプリットものが便利です) --- 1カップ弱
水 --- 2.5カップ
クミン --- 小さじ1
ブラックペパーコーン --- 15粒ほど (辛くないのをお好みの場合は少なめに)
塩 --- 小さじ1
グリーンチリ --- 4個ほど (辛くないのをお好みの場合は少なめに)
トマト --- 1個
ギー (あれば) --- 小さじ2
お好みでパールオニオン少々も加えてもおいしいです
油 (何でも結構) --- 少々
アサフェティダ (あれば) --- 少々
マスタードシード --- 少々
パクチー --- 少々
カレーリーブス (あれば) --- 少々

調理方法:
1. 圧力鍋にダールを入れ、火にかけます。木ベラでダールを
かきまぜながら、ロースティングします。

2. 香ばしいアロマが出てきたら、火を止めます。

3. 圧力鍋にクミン、ブラックペパーコーンを投入します。
トマトを短冊切りにし投入します。グリーンチリは縦半分に
切り、投入します (辛くないのがお好みの場合は、種を
抜きます)。そこにギー、そして水を入れます。

4. 圧力鍋を閉じ、ウィッスルが2回ほど鳴ったら火を止めます。
圧力弁が下がったら、蓋を開け、水分が多いな、と感じたら
弱火で蓋を閉めずに煮込みます。

5. テンパリングを用意します。小さな鍋に底が隠れるぐらいの
少なめの油を入れ火にかけます。油が熱したら、そこにアサ
フェティダ (a.k.a. イング) とマスタードシードを投入。マスタード
シードがぷちぷちと爆ぜてきたら、パクチーとカレーリーブスを
投入します。カレーリーブスがカリっとしてきたら完成。

6. 圧力鍋の火を消し、5のテンパリングを投入します。よく
かき混ぜ、これで完成~~!!

※私はちょっぴりライムをかけるのが好きですが、これはお好みで。
あた、塩加減も調整してください。

通常ダールは、チャパティといって全粒粉で作るうす~いパンか
バスマティライスと一緒にいただきます。この日はバスマティと
ゆで卵でいただきました♪  マンゴーピクルス

ヨーガの世界 ― その (3)

イメージ
もう1年近くも前に書いたヨーガの世界その(1)その(2)
そうなんです。現在のヨーガの先生 (アイアンガー方式の
ヨーガを教える先生です) に来ていただき、
トライアルを受けてからすでに1年。

20数年働き続けてお疲れの身体 (^^; を癒そうと
ロサンジェルスで週3回のクラスに通い出し、 チェコに移ってからはインターネット経由で週3回は がんばっていたので、インドでこの先生についてヨーガを
やり始めた段階でも3年ほどの経験は持っていたのですが、
教わり始めてすぐ、いろいろなことが成っていないことが発覚。
目からウロコというか、落胆した、というか......。
やっとヨーガ1年生になった気分でもあります。

最初の1ヶ月はとにかく基礎固めから。アサナはひとつも
教えてもらえませんでした (というか、アサナを分解した
形で導入してくれていたわけですが...)。
そして1ヶ月少々経ったころにやっと Downward Facing Dog 。
そしてその数週間後にやっと (!) Sun Salutation。
コレには流石に驚いた私。
ロスでは、初日からウォームアップの一部のような形で
Sun Salutation を十数回やらせていただいていたわけで、
何故やらないのか疑問に思っていたのでした。
で分かったのは、ウォームアップの一部の運動が
Sun Salutation を分解したものだった、ということ。
やるなー、先生。

この1年を振り返ると、とんでもなくいろいろなことを
教わったことに気づきました。
- 正しい起立の方法
- 足首の癖 (!!) の修正方法
- 背筋を真っ直ぐ伸ばしつつ、内臓も伸ばす方法
- 骨盤を開く方法 (^^)
- 前屈時の足の向きによる筋肉の使い方の違い
- 肩へのプレッシャーをかけない方法
- 腰を伸ばす方法
などなど......キリがないほどです。

ヘンな話、幼児期に遭った交通事故のせいなのか、
子どもの頃から左側の肋骨がちょっとだけ出っ張っていて、
うつ伏せに寝ると気になるぐらいだったのですが、
最近は出っ張りが少なくなってきました。
もしかして、、、、、骨が動いてる????

ちなみに今は毎朝朝食前と週に3回夕方に Sun Salutation など
も含めたヨーガをやっているわけですが (そう、真剣なんです ^^)、
それでも…