投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

バンガロールで唯一おいしいサラダ

イメージ
私は大の green leaves (日本語だと総称がないようですが、
基本的にはサラダに使える緑色のサラダ菜的なものです) 好き。 面倒くさがり屋の多いアメリカでは、袋詰めのものが売っていて、
洗わずにそのまま使えるものが多いため、 ロメイン、アルギュラ、ほうれん草、フリゼなどなど、 手軽に食卓に並べることができたわけです。
インドは、というと、、、まずは新鮮なパリパリ感のある green はほぼ手に入りません。 おまけにレストランでは、そんな野菜に必要以上にドレッシングを かけてしまうので、すべてがぐったり。
ちなみに、インドで "Green Salad" なるものを頼むと、 大抵こんなのが出てきます (^^; 生の玉ねぎ+きゅうり+トマト+グリーンチリ(!!) @_@;
ところが、最近見つけました!!
唯一おいしい green を出してくれるレストラン。
サラダを食べたいときはココ(!)と一押しできます。 その名もマイクログリーンサラダ。 小さなプランターに生えているマイクログリーンをその場で 刈って (?) サラダを作ってくれます。 パリっと感たっぷり!! ドレッシングの量も調整可能!!


バンガロールにお住まいの方は是非一度お試しを。 UB City 内にある Fava です。ほかのものは一切お薦めしませんが (^^; コレはお薦めです。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪



スタバのオープンも間近??

イメージ
ここにも書きましたが、スタバがバンガロールにもオープンするよ、
と騒ぎ立てられてから8ヵ月ほどが経とうとしています。

最近のニュースによると、バンガロールでは以下の6か所に
年末までにはオープンする予定なのだそうです。


1) RMZ Infinity on Old Madras Road
2) Indiranagar 100ft. Road
3) Garuda Mall
4) Jayanagar 4th Block
5) Phoenix Market City in Whitefield
6) Koramangala



私の住む近くの 100ft Rd はあちらこちらで新しい店舗用に
工事が進んでいます。その内のひとつがスタバになるんでしょー。
年末までにできるかはお楽しみですね。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪



インド人は皆聖徳太子?

イメージ
1ヶ月に一度の学校がまたありました。
4日間だけですが、この間は学校以外のことはまるで
手に付かないほど忙しくなります。
先月から学校の寮に泊まることにした私は、
それでも朝と夕方の渋滞に悩まされることはなくなった
のですが、その分言い訳がきかないので
課外授業は最後までお付き合い、
これが実は夜の11時ぐらいまでかかるのでした。

今回のテーマはマーケティングとネゴシエーション。
後者の授業は上海で教えるインド人の教授を迎えての
特別授業で、本当におもしろい授業でした。

ネゴシエーションのロールプレイをするために、
クラスを2つのグループに分け、まずはそのグループ内
でディスカッション。どのようにネゴをするのがよいかを
話し合います。

実はこの話し合いがものすごかった。
話し合いというよりは、怒鳴り合い。
12人程度のグループだったのですが、教室内に
輪を描くようにして座って、さー、いざ話し合いましょう、と
なった瞬間。1人が口を開くと、即座に別の1人がそれを
もみ消すように大声で発言。そしてまた別の1人が....
お察しのとおり、いっきに6人ぐらいが自分の意見を大声で
怒鳴り始め、その後また別の5人が追いかぶさるように発言。
インド訛りの英語の怒鳴り声はほとんど私の耳に入ってこないの
ですが、不思議なことに、怒鳴っている本人たちには複数人の
意見が聞こえている様子!!! 何??? 聖徳太子たち???

金魚のように口をパクパク開けては閉めを繰り返すのは私。
10分ぐらいこの様子が続き、あきれた私はついに
"Hey, can we have one conversation!" と声を上げたわけでした。
やっと、しーーーん。が、1分あまりの落ち着いた話し合いの
後、また元に戻りました (^^;
最後に私、"Gosh... having a meeting with you is like learning how
to drive in India!" と一言...皆爆笑。
このスタミナとユーモアセンスは見習わなくちゃいけないな、と。

おもしろかったのは、このクラスの最後に教授が皆に見せた
ビデオ。McKinsey & Company のサイト上にあるビデオ。
Amgen の CEO のインタビューで、タイトルは「W…

ロンドン経由のケララ料理店:Rasa

イメージ
私の住むIndiranagarにまた新しいレストランができました。
ケララ料理店ですが、キャッチは第一号店はロンドン、
という楽しいお店。
オーナーはケララ出身。
アカウンティングの勉強でロンドンに渡り、故郷ケララ
の料理をロンドンっ子にも伝えたい、ということで
レストラン事業に踏み込んだようです。

艶やかな真っピンクの外装は、一見サロン系のお店かな、
と思わせられたほど。

先週末のケララのお祭りオナムに合わせて開店。
オナムは、インド神話にある阿修羅王マハーバリにまつわるもので、
マハーバリが地下世界から地上ケララに戻ってくることを祈願する
お祭なのだそうです。収穫祭も兼ねているとか。

風邪気味だったけれどオナム料理を是非に、と
旦那と一緒に行って参りました。

恒例のバナナの葉っぱに次々とベジタリアンのお料理が
乗せられていきます。
ピクルス以外はあまり辛くなく、とても食べやすかった!!
内装もすっきり小奇麗 (天井のライトの周りのヒラヒラはちょっと
いただけませんでしたが...これは好みの問題ということで)。


通常は、ランチが Rs. 99からと、とても格安にいただけるようです。
また、毎日午後3時から6時まではティータイム。
High Chaiといって、高いところからチャイを注いでくれるという
演出付きで楽しめそうです。

ロンドンで花開いたRasa。
バンガロールでもがんばってもらいましょう。


バンガロールにお住まいの方は是非一度お試しを:
Rasa India
web site: http://www.rasaindia.com/index-main.html#
CMH Rd, Indiranagar
Nature's Basket の上



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪


マンゴジュース工場見学

イメージ
昨日月曜はガネーシュフェスティバルの初日で祭日。
3連休ということで、先週あたりからスリランカ行きを計画していた
のですが、2泊3日では遺跡周りもできないし、ということで断念。
そのうちすっかり3連休であることすら忘れていて、
金曜の夜にふと気づいて、あら~何の計画も立ててない、と
慌てた私... (実は計画性があるようでプライベートなことだとまったく
ダメな私...)。

そこで、あちこちにあたり (手当たり次第 ^^;)、
今通っている IIMB のクラスメートのひとりがベンチャー工場を
始めたばかりで「おいで」と声をかけてくれていたことを思い出し、
金曜の夜11時過ぎに連絡...まったくもって迷惑な私 (^^;
翌朝8時には「おいでー」と温かいお返事をいただき、
ニコニコ顔で行って参りました。

現在通っている IIMB のクラスは起業家のためのコース。
彼はまだ20代ですが、英国の大学院で生化学の修士を取った後
地元に戻り、いきなり (!!) マンゴジュースの工場を始めた方。
本当にすばらしい行動力。若さって大切だ、と感じたほど。

彼の工場は、バンガロールから東南方面に40kmほど下った
Hosur という彼の生まれ故郷の近くにあります。
Hosur はカルナタカ州からお隣の州タミルナードゥ州に入った
すぐのところにある町です。
おかしいのは、タミルナードゥに入ると景色が一変して
美しくなること。道路のゴミも少ない...。

工場は小さいながらも、USD 250,000 をかけて購入した、
という必要最低限の機材がきれいに並べてあり、
タミルナードゥの勤勉なワーカーたちがおしゃべりもなしに (!!)
一生懸命働いていました (この辺りもカルナタカ州と異なる点
で、以前ティルプーの工場を訪れたときに工場主が話してくれました)


彼はマンゴジュースだけでなく、
マンゴバーや最近ではマンゴ以外の果物を使っての
プロダクト研究にも励んでいます。

お土産に名前入りのマンゴジュースもいただき、画期的な一日でした。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪


新しくなった Yahoo! ロゴ

イメージ
5年ほど働いた Yahoo!
Marissa Mayer が CEO に就任してから、 リブランディングが始まり、 とうとう今日 Yahoo! のロゴまで変わってしまいました。 何だか寂しいのは私だけ??
8月の初旬に「30 DAYS OF CHANGE」という キャンペーンが始まり、30もの新しいロゴデザインが 毎日発表されていったわけですが (以下のビデオ参照)、

US時間の昨夜、Yahoo! のホームページのロゴが とうとうそのうちの1つに変更されました。 ちょっと見、あまりぱっとしないのですが、
このビデオを見ると、何となくコレにきまった理由が 納得できるようでした。



台湾の Yahoo! 奇摩も早速新しいロゴ。
インドももちろん、このとおり。
では、、、以前のロゴが懐かしくなったら??
そうです、ここしかない!!! Yahoo! Japan です :-)

さすが Yahoo! Japan。

あまりインドと関係ない話でしたが、
ロゴが変わったとなっては記しておきたくて失礼しました m(..)m



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪



バンガロールにもやってきた Pinkberry のお話

イメージ
久しぶりの投稿です (^^);
昨日オートで 100ft を下っていたところ、な、何と(!!)、
以前通っていて突然閉まってしまった Spa が
あの Pinkberry の看板を掲げているではないですが!!
驚いてしまった私...


この Pinkberry、北米(特にカリフォルニア州とニューヨーク州)
で大々的に展開するフローズンヨーグルトのお店です。
その第1号店は、私がかつて住んでいた West Hollywood 市
(若手俳優が多々住み、ゲイ人口がとっても多い市です) の
それも私が住んでいた Huntley Dr.にあったのでした。

Huntley Dr. は、Santa Monica Blvd  と Melrose を縦に結ぶ
道ですが、住居が立ち並ぶ閑静な通りです。
Pinkberry はその通りの Santa Monica Blvd から2軒目のところに
オープンし、できたばかりの頃は何でこんなところに、と
疑っていた私でした。
オーナーの韓国人女性がお盆にフローズンヨーグルトのサンプル
を並べて Santa Monica との交差点でしきりに売り込んでいた
のを思い出します。

そんな Pinkberry、一度食べたら病みつきになるお味で
(ヨーグルトと呼ぶには培養菌の数が足りないとかで話題に
もなりましたが)、巷では何か混合されているのでは、と
噂になるほど人気を集め始めたわけです。

2005年にオープンしたこの第1号店。最初の月は売上げが
$70という寂しい結果だったのですが、6ヶ月も経たないうちに
店の前に列ができるほどの人気に。好みの新鮮なフルーツを
盛りだくさん食べられるし、人気は軒並みアップ。

Pinkberryサイトより転載

これによって周囲の住民に迷惑がかかり、幾度か大きな問題
として取り上げられたのも確かです。毎日のようにここを歩いて
いた私も、オーナー女性が大きな声で隣人とやりあっている
姿も何度か見ました。

その後3,000万米ドルほどの投資を受けてフランチャイズ化を計画。
初の海外進出がクウェート、というのが結構おもしろいですね。
日本にももちろん進出していますが、このバンガロールで、
それも家に近いところにまた懐かしい看板を発見したときは
本当に感激でした。

Co-founderの韓国人お二人は、このお店でボロ儲け。
が…